生薬(しょうやく)の一つ『紫根(シコン)』。
紫の色素シコニンを含んでいるので
石けんに取り入れると、
奥深い高貴な紫色の石けんに・・・。

色だけでなく
肌にも効果がありそうな気配を感じます。

紫根(シコン)とは・・・
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ『紫根(シコン)』。
ムラサキ科の植物の根を乾燥したものです。
紫の色素シコニンを含み、
昔は高貴な人の紫色の染料としても用いられました。

華岡青州が創案した
漢方薬の代表的な軟膏『紫雲膏(しうんこう)』の
成分に紫根は多く含まれています。
(紫雲膏は、ひびやあかぎれなどに効く医薬品です)

紫根(シコン)を石けんに配合する場合は
下準備として、紫根の浸出油(インフューズドオイル)を用意します。

蓋付きのガラス容器に
オリーブ油または、ごま油、マカダミアナッツ油など
を入れ、そこに紫根を入れておくと、
段々ときれいな赤紫色に変わります。

1~2週間ほど置き、
紫根をガーゼなどで濾して取り出してください。
常温24度くらいで抽出します。
(温度が低いと抽出がうまくいかないことが
ありますのでご注意ください。)

紫根の浸出油のオイル全体の配合量により、
その成分や色合いなどが変わります。
今回は約70%程度のオリーブオイルに漬け込みました。

紫根浸出油は赤紫色。

苛性ソーダ水を入れると、青色。

型入れ時には、灰色。

綺麗な赤色から徐々にえんじ色になり
紫に向かっていくかと思ったら
青色に変わります。
その後型入れ時には灰色に、
型から出し、空気に触れると紫色に変わります。

今回の配合

材料

紫根浸出油(オリーブオイルに紫根を浸けたもの)・・・350g
ココナッツオイル・・・100g
パームオイル・・・50g
精製水・・・194g
苛性ソーダ・・・66g

作り方

  1. 石けんの基本の作り方にそって、石けんを仕込む。
  2. 4週間熟成させて出来上がり。

出来上り量

出来上がり直後の総量・・・760g

作ってみて

オイルに苛性ソーダ水を入れる時の色の変化が楽しいです。
今回は浸出油のベースをオリーブオイルにしましたが
ごま油や米油、マカダミナッツオイル、椿油だと
色がもっとはっきりして、グレードの高い石鹸になるのでは?
次回は紫根浸出油のみで作ってみたい!

手作り石けんの材料・道具のお買いものはこちら