青空の広がる日に使いたくなる
そんな石鹸を作りました。

ラピスラズリの石鹸を
1cm角に刻んで
マルセイユベースのタネに
型入れ直前に混ぜるか
もしくは、型に直接敷き詰めます。
今回は型に直接敷き詰めました。

敷き詰めた角切りラピスラズリ石鹸は
タネを流しこんだ瞬間
軽かったせいか
表面に浮かんできました(笑)

イメージでは
下に青色、上は白と
イメージしてたのですが。。
ちょっと焦り割り箸を使い
下に行って~!
っと押し込みました(笑)
まあ、これも手作りならでは(^^)
どんな感じになったかな?と
カットするときは
ドキドキ、わくわく。

一つ一つ顔が
全く違う石鹸になりました!

クリスタルガラスの様な
暑い時期に
ぴったりな石鹸かな・・・☆

材料

 オリーブオイル・・・360g
 ココナッツオイル・・・90g
 パームオイル・・・50g

 精製水・・・194g
 苛性ソーダ・・・62g

 ラピスラズリの石鹸・・・1個

 EO
 ローズマリー・・・100滴
 スイートオレンジ・・・100滴

作り方

 苛性ソーダを使った石けんの基本の作り方

出来上り量

 出来上がり直後の総量・・・756g

道具と容器

 基本道具セット
 耐熱ガラスボウルまたはステンレスのボウル
 ステンレススプーン
  (苛性ソーダを計って取り出すのに使います)

 はかり(1g単位で量れるもの)
 保温箱(スチロールボックスや段ボール箱)
 ペーパーモールド

クリスタル石鹸

手作り石けんの材料・道具のお買いものはこちら